いよいよ明日『小さなクラフト展』

 

30tensegrity


いよいよ明日から『小さなクラフト展』が二日間に渡り開催されます。
台風が迫っているようですが、余程のことが無い限り決行する方向で進んでいます。
どうぞ皆様、台風が逸れるように祈ってくださいね!


さて、明日のワークショップのためのサンプルをこれから製作します。
クラフト展来場者の方が飛び込みで参加も可能なように、数は多めに用意しています。

是非来場される方は15時からの幾何学おもちゃワークショップも楽しんでいってくださいね。
画像は30本の部材を使ったテンセグリティ模型。
参加者の皆さんには最後にこれを作ってもらいたいです。
意外と難しくないですよ!

では明日と明後日、お待ちしております!








ワークショップ準備完了!

 


buzai



今週土日に開催される「小さなクラフト展」でやります幾何学おもちゃワークショップ。
準備が完了しました。
部材の総数700本弱!!
助っ人で参上してくれたK氏。本当にありがとう!!
あなたの活躍が、参加者の楽しみとなるのです。


さて、参加者の募集はまだ受け付けています。
模型やオブジェ、モビールを作りに足を運んでくださいね!
夕方からバーベキューもありますよ。

是非足久保のSATOギャラリーまでどうぞ!






さらにクラフト展に参加する知り合いの方

  


昨日、このブログ内で紹介しましたいくつかのリンク先以外に、
出展作家でここ最近親しくさせてもらっている方々がいますので、ご紹介します。




endokana


かなさんと最初に知り合ったのは、昨年末にスノドカフェで開催した建築イベントAXISM展のワークショップ。そのワークショップは、『スノドカフェ内に併設されているex.s galleryを自分のためのマイギャラリーにする』というものでした。
かなさんの作品は、小さなギャラリー内の中でも、鑑賞者が動いていくことによって、作品の見えが変化していくという、鑑賞者のアクティビティを促すような提案をされていた。こういった展示は形は違えど会場構成として十分面白いものになるのだろうなと感心させられたのを覚えています。
そんなかなさんは、昨日リンクを貼りました『小さなクラフト展』だよりのブログを立ち上げてくれて、出展作家などの情報を提供してくれています。かなさんありがとう。


すまうと


smaut


野木村さんと山内さんがこの秋にリニューアルしてスタートを切った会社、すまうと。家具・生活小物・空間を造り出すデザイナー・職人・エンジニアが三位一体となった創作集団です。今まで作られた数々の家具は、どれも構造的な合理性からくる美しさとアイデアに満ちている。さらに各種素材の性質をしっかりと読み込んだ材料選定や、部材の形状など、とても勉強にさせてもらっています。
当事務所からご近所であることも手伝って、最近興味深い話し合いを色々とさせてもらっています。House Kの一部造作家具もすまうとで依頼しており、今後の設計活動において、切っても切れない存在となっていくことでしょう。今回のクラフト展では、家具と時計を出展されます。

こちらに記事も掲載されています。



 

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

HOUSECO

建築家 大橋 史人さんの家づくりプロフィール

FOAS FURNITURE

FOAS FURNITURE

entry

category

archive

recent comment

link

search

others